バイクのカスタム、オリジナルパーツ開発・販売、レンタル、サブスクの事ならお任せください

COMPANY会社案内

K’S-STYLEについて

「あったらいいな」を真剣に考えています。
K’s-STYLE(ケイズスタイル)はバイクのオリジナルカスタムブランドです。 カスタムパーツの開発・販売、イベント企画・運営と幅広く事業を行っています。 常に時代に合った製品を企画、ご提供できるよう日々努力しております。

会社概要

会社名 株式会社エム・エス・エル
設立 1984年3月
代表者 代表取締役 藤木 修次
所在地 〒177-0032
東京都練馬区谷原5丁目32−1 MSLビル
TEL 03-3867-2194

沿革

昭和59年3月 ㈱エム・エス・エルは、モータースポーツライフ「プレリュード」店として国内4メーカーの正規代理店としてスタート。
昭和60年4月 エム・エス・エルのオリジナルカラーの第1号バイクとして、レディース仕様のピンク・ホワイトにしたカワサキGPZ250Rをデビュー。
昭和61年4月 第2号はエリミネーター400のレッドフレアパターン。その後カワサキZRX400、ZRX1100のニューモデルにて、かつての名車Z100Rローソンカラー仕様を製作販売すると、空前の大ヒットとなり、年間100台以上のヒットカラー商品となった。
平成に入りゼファー400が新発売された。これをやはり、かつて人気だったZ1火の玉カラーにして発売すると、車両と共に大ヒットとなる。
その翌々年にはゼファー1100、さらにその後ゼファー750が発表され、ゼファーシリーズで火の玉カラー、イエローボールなどの人気カラーを発売。また人気漫画の「あいつとララバイ」に登場するバイクのカラー、通称「研二君カラー」のホワイト・レッドも大ヒットとなる。
平成10年~ エム・エス・エルのオリジナル製作販売部門の専門ショップ「MSLプラザ」店をオープン、ここで本格的にオリジナルデザイン、カラーの車輛を次々とデビューさせ、車輛ではホンダCB400SFをCBX400カラーやCB900Fカラーに、ヤマハではXJR400をブルー・ホワイトカラー、そして映画【トップガン】からカワサキGPZ900Rのトップガンカラー等、国内4メーカーはもちろん、ハーレーやBuell車もカスタムカラー車を発売し次々に大ヒットカラーデザインを世に送り出す。
このMSLプラザ店オープンを機に、かつての名車と言われたW1シリーズ、Z1シリーズ等で東京モーターサイクルショーに出展し、MSLオリジナルカラーのバイクとして大型逆輸入車と共にMSLブランドがユーザーに浸透していった。
平成20年~ お客様のご要望に合わせてパーツの作成販売を開始、商品のラインナップを増強。特に車高を下げて足着きを改善する「ローダウン」シリーズとして、シートやリンク、サスペンションの製作販売を手掛ける。これは徐々に全国に浸透し、現在のケイズ・スタイルではオリジナルパーツの主力商品となっている。
平成25年 オリジナルパーツの種類も増え、またユーザーの購買志向を踏まえて本格的にタイやインドネシアから125~250ccバイクの輸入販売を開始。売上規模も大きくなったこともあり、カワサキ海外車輛、オリジナルペイント、オリジナルパーツ、独自イベントという4つのシナジーを生かし、お客様の「あったらいいな」をハードとソフトの両面で提案、実現する専門部門を「K’sスタイル」ブランドとして開始する。
平成26年~ K’sスタイルの商品販売は、MSLグループ店での販売で全国を対象に展開していたが、ユーザーへのアフターサービスの必要性もあり、全国47都道府県のカワサキ正規販売店から各エリア毎に選出した120店にK’sスタイル正規取扱店になって頂き、全国のお客様へより良いサービスをお届けすることが出来るようになった。
平成28年3月 東京モーターサイクルショーにてK’sスタイルとして本格的に出展。カワサキの隣でカワサキより大きく、25台のオリジナルカスタムバイクを展示したため、来場者の注目度も大きく、カワサキの新しいオフィシャルカスタムブランドかと勘違いをされる程の大好評であった。
平成30年 カワサキモータースジャパンの新しい販売網である「プラザ店」政策により、MSLからケイズ・スタイルを分離して再スタート。
K’sスタイルの初フルカスタムバイクとしてZ900RSをベースにした「侍」ブランドを製作、発売。またVersys250をベースにしたフルカスタム車も開発中。
令和元年 令和2年にK’sスタイルの新しい分野となるサービスレジャー産業への参入を目指し、体制作りをスタート。

アクセス

ショールーム:カワサキプラザ東京練馬3F
このページのトップに戻る